患者さんに快適な診療空間を提供!?クリニック設計などについて初心者にも分かりやすく解説

クリニックにおいて患者をリラックスさせる空間は、重要となります。
心理学や人間工学などに基づいたデザインをすることで患者がリラックスし、医師とのコミュニケーションが図りやすくなる環境が整い、診察が効果的になるのです。
これらを得意とする設計者がいるため、改修でもいいので委託することでより診察空間のレベルが向上するのです。
絵画や花の置き方にもポイントがあり、空間の1つとして考えられているため、インテリアにもこだわることが重要となります。

患者さんに快適な診療空間を提供!?クリニック設計などについて初心者にも分かりやすく解説

クリニックに置いて漢字をリラックスさせるかどうかは、診療空間の空間設計によります。
人間工学や、心理学を用いることで設計に反映させることができ、快適なものに仕上がるのです。
まずはカラーで、壁紙等にこだわることで、落ち着いた空間かつリラックスできるような雰囲気を作り出します。
次に位置との距離感と待合室の距離感によって、圧迫感を感じることなく、心が落ち着きます。
建物の構造だけではなく、音楽のかけかたや、絵画の彼方や腹を設置の仕方等にこだわることでよりクリニックが進化するのです。

おしゃれなクリニック設計の施工事例は少ない?

クリニックでは質の高い医療を提供することが主な目的であることから、おしゃれなデザインは後回しになっているケースがほとんどです。
デザインにお金をかけるぐらいなら最新鋭の医療機器を導入して、一人でも多くの患者さんを救いたいと考えるのはクリニック経営者の本来成すべきことであるのも確かです。
その一方で内装、外装の雰囲気も患者さんの心理状態に大きく影響することから、昨今ではデザインにも注力したクリニックを設計するケースも増えています。
どこか重々しい雰囲気のある建物なら近寄りがたくなってしまうこともありますが、おしゃれなデザインのクリニックなら入りやすい雰囲気を作り出し、心身に何らかの問題があれば気軽に相談したいという気持ちになれば売り上げの向上だけではなく、地域の患者さんの健康に貢献することができます。
メインとなる医療だけではなく総合的なケアをすることでクオリティオブライフの向上を目指す傾向になっている昨今、おしゃれな内装や外装を設計する施工事例が徐々に増えつつあります。

おしゃれなクリニック設計を行う目的やメリットを把握することが大切

最近は使い勝手が良いだけでなく、内装におしゃれな設計を施したり規制的なイメージを持たせています。
しかしあまりにも個性がきつすぎるとかえって不便にもなるので、おしゃれなクリニックを作る時には、どんな目的があるか、メリットがあるかを知っておく必要があります。
クリニックは今や内装で選ばれるといっても過言ではありません。
確かに提供する医療の質は大事ですが、それに個性が上乗せされなければ他の施設との差別化はできません。
訪れる患者さんがあのクリニックはセンスがいい、待合室にいても心地がいいと感じることが大切で、内装をおしゃれにしている、こだわっていると感じるとまた来たくなります。
そう思わせるためにも内装のデザインは大切で、実際に内装にこだわった施設の方が再来院率が高くなっています。
患者さんだけでなく働いているスタッフも働きやすさを感じモチベーションアップにもつながります。
非日常化をあじあう気持ちがクリニックの収益にも関係してきます。

クリニック設計前に押さえておくべきポイントと注意点

クリニックを設計する前に、押さえておいてもらいたいポイントは、導線の確認です。
患者が来院して、入口から入って受付から診察までの流れを頭で導線をたどって行き、スムーズに診療ができるかどうかをチェックすることが注意点となります。
導線がごちゃごちゃしていると来院する患者の数も少なくなっていくことを前もって把握することが必要です。
クリニックを設計する前に何が必要かをすべて書き出して、敷地内に大まかに埋め込んでみることをおすすめします。
ある程度配置が決まったら、区割りをどうするかです。
病院内はバリアフリーが鉄則なので、車いすでも余裕ですれ違うことができる広さを確保することです。
医療事務の作業場所は受付のと一緒にしておくことが大事です。
クリニックは外装も大事ですが、内装を重視することです。
診療室もあまり広くなくても大丈夫ですが、患者を診察したりするスペースは確保しておくことです。
今はコンピューターを使って試しに作ってみることも簡単に行える時代です。
それを活用して通いやすいクリニックを建設してもらいたいです。

クリニック設計で覚えておくべき特殊建築物とは?

クリニック設計にあたっては、内装デザインや設備器具など検討するべき事項は多岐にわたりますが、出発点として抑えておかなければならない知識があります。
それは建築基準法にある一般建築物との違いです。
そもそもクリニックでは入院用ベッドである病床の数に応じて、病院と診療所に分けることが出来ます。
20以上の病床であれば病院、19以下の病床であれば診療所という目安になるわけです。
これは何も呼称の違いにつきるものではなく、建築基準北条の取り扱いも大きく異なってくるので重要です。
それというのもすべての「病院」は特殊建築物であることが要求されているからです。
一般建築物に対比する概念ですが、一般的に「病院」では構造や設備が特殊であり不特定多数の患者が訪問・滞在することから立地条件や構造・さらには工事中の取扱にまで細かな手順が決められているほどです。
しかし病床が少ない「診療所」の場合、一般建築物になるため病床数をいくらにするかは大きな分岐点といえます。

クリニックに関する情報サイト
クリニック設計のポイント

クリニックにおいて患者をリラックスさせる空間は、重要となります。心理学や人間工学などに基づいたデザインをすることで患者がリラックスし、医師とのコミュニケーションが図りやすくなる環境が整い、診察が効果的になるのです。これらを得意とする設計者がいるため、改修でもいいので委託することでより診察空間のレベルが向上するのです。絵画や花の置き方にもポイントがあり、空間の1つとして考えられているため、インテリアにもこだわることが重要となります。

Search